Skip to content

お中元の時期は地域によって異なります

仕事関係や恩師などの、今までにお世話になった人たちに日頃の感謝を込めて贈るお中元は、実は地域によって送るタイミングが異なってきますので注意が必要です。まずは北海道では、7月中旬から8月のお盆の時期までの比較的長い期間に送るのが一般的ですが、最近は他の地域の影響を受けて早くなる傾向があります。ですがお盆を過ぎると残暑見舞いという扱いになりますので気をつける必要があります。東北や関東は習慣が同じで、7月初めから中旬までが期間になっているため、遅くとも7月15日あたりには手元に届ける必要があり、それ以降は残暑見舞い扱いになってしまいます。

どうしてこんなに早いのかと言いますと、元々はお中元は持参して届けるのがマナーとされていましたが、最近は時間的な要因で配送する事が増えてきて、一気に配送が集中しないように混雑時期を避けて早めに配送するようになってきました。逆に東海地区や関西などは、7月中旬から8月の中旬ぐらいまでがお中元の時期になっていて、他の地域と同様にお盆を過ぎると残暑見舞い扱いになります。そして一番遅いのが九州で、8月になってから発送して15日までには届けるのがマナーとされています。お中元は気持ちを贈るものだと言われていますが、それぞれの地域の特性に合わせて届けるのがマナーとなっていますので、送り先の地域を考えて失礼のないように手配する事が大切になります。

ただ最近は百貨店などの中元商戦が前倒し傾向になっているので、少しずつ前倒し傾向ぎみになってきています。お中元のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です