Skip to content

そろそろお中元の季節

お中元とは、道教に由来する習俗の年中行事の1つです。仏教の盂蘭盆会に祖先の霊を供養するという日が合わさり、日本では新暦の7月15日から8月15日に行なわれることが一般的になりました。この時期になると日頃の感謝を込めて、お世話になっている方へ贈り物をするという習慣になっています。暑い夏が近づいてくるとそろそろお中元の時期になるので、誰に何を贈るのか決めないといけません。

東日本では7月上旬から15日までで、西日本は7月中旬から8月15日までが一般的です。北海道は7月15日から8月15日の1ヶ月間です。地域によって違うので贈り先の習慣に合わせるのが失礼のないマナーです。8月7日前後の立秋には表書きに「暑中御見舞い」として、立秋を過ぎるようならば、「残暑御見舞い」とします。

目上の方に贈るのであれば「暑中御伺い」や「残暑御伺い」として贈ります。お中元の金額の相場はだいたいの目安としては、3000円から5000円程度のものが一般的です。それ以上の高い品物になると、贈られた方に気を使わせてしまうことになりかねません。送る品物は相手の好みがわかるのならば、選びやすいと思います。

お酒が飲めない方にビールを贈ったり、コーヒーが苦手な方にコーヒーを贈ってしまうことのないようにした方が良いです。毎年人気の商品は暑い夏でも食べやすいそうめんなどの麺類です。スイカやメロンなどの旬のフルーツも人気です。感謝の思いを込めて選ぶことで気持ちが伝わります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です