Skip to content

役に立つお中元の豆知識

そもそも日本でのお中元の始まりは、仏様へのお供物を親戚や近隣に配ることから始まりました。やがて時代が経つと、いつもお世話になっている人へ日頃の感謝を込めて贈り物をする、今のお中元の習慣へと変わっていったようです。お中元を贈る相手はどのような人かというと、感謝を込めて目上の方へ贈ることが一般的です。しかし、いくら目上の方へ贈るといっても公務員の方など贈ってはいけない相手もいるので注意しましょう。

贈る時期は地方によってずれがありますが、首都圏では7月上旬から15日ごろまでに贈るのが本来の時期となります。最近では6月下旬から7月15日ごろまでに贈ることが一般的になっています。知っておきたいマナーといえば、まず目上の相手に贈っては失礼にあたる品物も知っておくことが大切です。また、生鮮品を贈る場合は相手が何日も家に帰ってきていない場合もあるため、事前に在宅を確認することもマナーです。

ちょっと気になる質問として「お中元を頂いたらお返しは必要?」といった質問がありますが、お中元は日頃のお世話に対する感謝のしるしなので、お返しを用意する必要はありません。お礼状を出したり電話をかけたりするなどして、相手の気づかいに対するお礼を伝えましょう。人気商品といえば、やはり夏らしさを感じさせてくれるものです。メロンやスイカ、桃、マンゴーといった旬のフルーツ。

それらを使った菓子も人気です。ゼリーやアイスクリームといった清涼感のある食べ物も喜ばれる商品です。お中元のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です