Skip to content

お中元の基礎知識とは

相手に日頃の感謝を伝えるために、贈り物をするお中元。お中元は元々中国の風習で、毎年7月15日は先祖を供養する日でした。その風習が日本にも伝わり、仏教の風習とミックスされてお世話になった人に品物を贈る習慣が出来たのです。品物を相手に贈るのは変わりませんが、エリアによって贈る時期は変わってきます。

北海道では7月15日からの1ヶ月間、東北地方や関東地方は7月上旬から7月15日にかけて、九州地方では8月1日から15日、その他は7月中旬から8月15日です。沖縄県は旧暦の7月15日前後に贈ることになっていて、8月中旬なら9月初旬がお中元の時期となります。お中元を贈るときには、いくつかのマナーを守ることが大切です。あくまでも相手に感謝の気持ちを伝えるものなので、大袈裟にするのは好ましくありせん。

豪華過ぎるものを選んだり、金額が高過ぎるものは避けるようにしましょう。相場は親族で3000円から5000円、仕事関係なら3000円から10000円と言われています。前年度よりも低い値段のものを贈るのはマナー違反なので、無理のない範囲で選ぶのがコツです。熨斗の表書きは「お中元」や「御中元」として、熨斗の下の中央部分には贈り主の名前を記載します。

お店などでは熨斗の作成もしてくれるケースもあるので、マナーが心配なときにはプロに任せた方が無難です。水引も色々な種類があるので、状況に応じて使い分けることがポイントです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です