Skip to content

お中元は地方によって時期が違います

夏の風物詩としても認識されているお中元ですが、一般的には7月から贈り始めるという時期となっています。しかしこれには地方によっても違いがありますので、引っ越しなどで住む地域が変わったという方や贈る相手が違う地方の方は確認が必要でしょう。まず関東エリアでは7月の1日から15日の間に贈るというのが一般的で、これは東北地方や北陸地方にも当てはまるようです。そして北海道や関西などの地域では、7月の中旬から8月15日までといった長い期間となっているのが特徴です。

しかしお中元は地方に発送するという購入方法も多く見られますので、北海道の場合などは日数が多くかかる事に注意が必要でしょう。また中国や四国地方でもこれと同様の時期がお中元のシーズンとなっています。全国でも最も遅い時期となっているのが九州エリアで、毎年8月1日から15日という短期間となっているのが特徴です。さらにお盆の時期ともかぶってしまいますので、タイミングなども気をつける事が大事です。

最後に沖縄地方の場合は他のエリアとは多少異なっており、旧暦の7月13日から15日という旧盆がお中元の期間となっています。この旧盆は毎年日付が変わりますので、その年の旧盆の時期を確認してから贈る必要があります。このようにそれぞれの地域で若干時期が異なっているのが特徴ですので、地方発送などを行なう際にはその地域の習慣などを考慮して贈るのがマナーとも言えるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です