Skip to content

お中元の時期などは地域によって異なる?

お中元の時期は7月1日から8月15日までですが、地域によっては残暑見舞い扱いになることがあります。関東では7月1日から7月15日に送ることが一般的です。7月16日以降に送ると残暑見舞い扱いになります。東海・関西では7月15日から8月15日までに送ることが一般的です。

このように、7月1日から7月15日に送る地域と、7月15日から8月15日に送る地域に分かれています。地域によって習慣が異なりますので、送付先の地域のお中元の時期を守りましょう。しかし、最近では全国的にお中元の時期が早まっている傾向があり、差はなくなってきていると言われています。大きく分けると西日本と東日本で時期が異なると覚えておくとわかりやすいです。

例外的に、北海道は西日本と同様に7月15日から8月15日に送るのが一般的です。時期を過ぎると、残暑御見舞になってしまうので注意です。お中元と残暑御見舞を両方送っても問題はないですが、受け取る度に気を遣うという人もいるので、一度にまとめたほうがいいかもしれません。贈られてきたらお返しをしなければいけない・来年以降も継続しなければならないと考える人もいます。

とあるアンケートによると、お中元を贈る人は全体の2割程度だそうです。年代が上がるほど、贈る予定がある人が増加する傾向です。お世話になった方へのお礼の気持ちなので、年配の人ほど贈る相手が増えていくと言われています。逆に、独身の人で贈るという人はあまりいないそうです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です