Skip to content

お中元の始まりと成り立ち

お中元といえば職場に届く数多くの品物達を思い浮かべる人や、贈る側として今年の品物に頭を悩ませる人などそれぞれいらっしゃる事と思います。毎年何かしら目にしているこの風習ですが、さてそもそもはどういった理由で始まったものなのでしょう。お中元は海を渡り中国からやってきた文化です。もとは中元と呼ばれ、道教に由来する年中行事でした。

それもこの中元はこの他に上元、下元を合わせた三元の中の1つであり祖先供養の行事とされました。上元中元下元にはそれぞれを司る道教の神様が付いており、中元は罪を許す神様「地官」が司りました。罪を許す神に祖先の罪を許して貰う、その為にも祖先を供養し地官を祀る日になったのでしょう。そしてその地官の生まれた日が旧暦の7月15日であり、それ故お中元が夏の年中行事となったのです。

また同じく中国で成立した盂蘭盆会も、7月15日に祖先を供養する日です。こちらは仏教由来の風習ですが、原始仏教に祖先を供養するこの様な行事は無いので中国で生まれた文化といって間違い無いでしょう。この盂蘭盆会が日本にやって来た結果生まれたのが、現在のお盆の文化です。中国では盂蘭盆会と中元は集合して祖霊供養の文化となりましたが、日本ではこの2つが分かれ別の風習として現在まで残っているのです。

お中元の始まりがお盆と同じ様な意味合いの文化だったとは、驚く方も多いかも知れません。異国から届き、日本の中で変化していった文化はこれだけではありません。慣習とは面倒に思うことも沢山ありますが、日本らしさを示す大切なものとしてこれからも続いていことを願います。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です