Skip to content

お中元を贈るべき時期について

お中元はもともと中国の民間信仰に由来するもので、旧暦の7月15日を神様の誕生日に当たる「中元」と定め、祭礼の参加者同士であいさつの品を贈り合ったのが起源とされています。現在の日本では、暦の切り替えがすっかり定着したこともあって、新暦の7月1日から15日ごろにかけて贈るのが正しいマナーとされています。ただ、西日本の一部には旧暦の7月15日前後に該当する8月上旬に贈る習慣を守っている地域もあります。それでは、忙しさにまぎれて用意しそびれてしまったり、あるいは相手が長期旅行中で不在であったりするなどして、その期間に届けることができなかった場合はどうすればいいかというと、名目をお中元から別のものに代えれば礼を欠かさずに済みます。

具体的には、8月上旬の立秋までに届けられるようであれば「暑中御伺」や「暑中御見舞」として、それよりさらに遅れるようであれば「残暑御見舞」として贈れば問題ありません。ただし、遅くとも9月上旬までには相手に届くようにします。また、熨斗紙の表書きをお中元からそれぞれの名目に変更することを忘れないようにします。なお、お年賀と異なりお中元は喪中の家に贈っても失礼とはなりません。

ただし、贈答の時期がまさに服喪期間に当たり、一定の配慮をしたいというのであれば、意図的に時期をずらして先に述べたような名目で届けるか、慶時に使われる熨斗紙を使わずに贈ったりすればスマートな振舞いとなります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です