消泡剤には一度生成した泡を破壊する機能と、生成を抑制する機能とがあります。この両方の機能があるのが理想的であるとされています。その特徴として水に対する拡張性と溶解性とがあります。拡張性と表面張力が小さいと、泡を破壊する機能を示す破泡性が高まります。

泡の生成を抑制す機能を示す抑泡性は溶解性が小さくて表面張力が小さいと高まります。表面張力が小さくて水に対する拡張性が大きく、溶解性が小さい条件を満たすのが破泡性と破泡性が高い理想の消泡剤となります。消泡剤にはさまざま種類があり、シリコンタイプもあります。製品の選択をする時はどのようなタイプがありどのような特徴があるかを事前に知っておくのが大切です。

シリコンタイプは表面張力が小さくて、水に対する拡張性と溶解性が大きくないのが特徴です。シリコンタイプは抑泡性はとても優れていますが、破泡性はそれほど良くはないです。シリコンタイプにはさまざまな種類があり、シリコンオイルタイプなどがあります。シリコンオイルは一般のオイルや溶剤類と比較して極めて小さく表面張力は小さいですが、強い消泡効果があります。

そのため微量を添加するだけでも、十分な効果を発揮できますし、最終製品に与える影響も少なくなります。製品を作成する時はさまざまな製剤を使用したりします。その際には最終製品に与える影響は十分に考える必要があります。最終製品に求める性能を上手く満たすことができる消泡剤を選ぶのは重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です