消泡剤とは、液体に泡ができるのを防いだり消したりしてくれる添加物のことです。あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、一般的に様々な製品に使われているのです。主に製造過程で泡が残ると不都合な製品に使用されています。中でも食品や化粧品など身近なものが多いのです。

泡は水など表面張力を持つ液体において、界面活性剤や高分子化合物が含まれる場合に安定します。つまり液体の表面張力を低くすることで、泡を消すことができるのです。消泡剤はこの液体の表面張力を低くする性質を持つ物質が使われています。食品では豆腐に使われていることが知られています。

豆乳は泡立ちやすいので、昔は植物油加工品を加えていました。現在ではシリコーンオイルを水性エマルジョンとしたものが使われてます。これは消泡効果が高く毒性がないので安全に使うことが可能です。他には化粧品や胃腸薬などにも使用されているのです。

シリコーン系の消泡剤はエマルジョン型以外にも種類も多く、用途別に使い分けられています。オイル型は水や溶剤などの混入を嫌う油性の発泡液に用いられます。溶液型もオイル型と同じく油性の発泡系に、あらかじめ溶液としたものを使うのです。オイルコンパウンド型は、シリコーンオイルにシリカ粉を混ぜたもので、水性発泡液にも有効となります。

自己乳化型は、不凍液や塗料などに用いられているのです。このように発泡剤は色々な種類があり、多くの製品に役立っていることがわかります。身近なものにも使われている場合が多いので、成分欄をチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です