様々なものを作る企業にとって一番重要なことは、購入した顧客に対し、商品を無事に届けることと言えるでしょう。商品が無事に購入者の手元に届くための条件の一つに挙げられるものが、耐久性と言えます。この耐久性を高めるために製品を作るにあたり一番注意しなければならないことが泡と言えるでしょう。泡とは水分の中にある空気が膨らみ、表面張力により膜を張ったものと言えます。

この膜は非常に厄介なものとなり、時間が経つと破れるのがひとつの特徴です。割れる場合には一瞬のことですが、この瞬間に膨れ上がる力により空洞が発生することになります。この空洞が生まれた瞬間に万が一材料を固めてしまった場合には、その空洞ができることで、耐久性は著しく劣化してしまいます。泡が発生する原因にはかき混ぜたり加熱することとされている為、工業製品や食品などを問わず、大きく関係してくることでしょう。

このようなことから製品作りを行っている企業の多くでは、泡の対策として消泡剤を用いています。消泡剤はリンを主原料にしている添加物にあたり、表面張力に作業し破裂させる力があります。この消泡剤を加えることにはメリットがあり、これまでは手で潰さなければならなかった泡をかき混ぜるだけで消せるということです。泡は目に見える大きなものだけではなく、液体に溶け込んだ小さなものもあります。

このようなものは手作業では潰すのが困難です。とは言え小さな泡も消える時には影響を及ぼすことになるので、消泡剤を使うことにより、大小を問わず消すことが可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です