シリコーン樹脂とは、ケイ素を原料とした樹脂の一種で、消泡剤として多く用いられています。厚生労働省で認定した食品添加物で、高温・低温・水分などに強い性質を持っているため、多くの分野で使用されるようになりました。食品添加物として使用されている場合、泡だった豆乳の泡を抑え、効率よく豆腐を作ることができるようになっています。また、豆腐以外にもジャムの製造時に煮詰めた時に出てくる泡を抑えたり、アイスクリームや茶わん蒸し、プリンなどでも利用されているのが特徴です。

缶コーヒーなどで使用されることも少なくありません。それ以外にもシリコーン樹脂は業務用の揚げ物用油で大量に使用されています。業務用油に加えることで気泡などを抑えてスムーズに、安全委揚げ物を揚げることができるようになっているため、油に投入しても消泡剤としての効果があるとわかるでしょう。なお、シリコーン樹脂は消泡剤としての利用だけではなく、乳化剤や防腐剤などでも利用しており、多様な目的で使用されていることがわかります。

シャンプーなどに使われているシリコンとは全く別の成分で、勘違いされることも多いことから注意するよう呼びかける声も少なくありません。正しい知識を身に着け、シリコンとシリコーン樹脂は別の成分であること、シリコーン樹脂は食品内で少量しか使われていないため、安全に使用することができることなどを理解して活用することが必要とされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です