消泡剤というのは、その字の通り泡を消すための薬剤をさします。泡をけすための消泡剤は、どういった時に使われるか一般の方ではほとんど知られていないかもしれません。何となく納得出来る所としては、豆腐が挙げられます。豆腐の原材料の欄をみてみますと、消泡剤と記載されている所があります。

個人店で作られている場合は使われずにいる事も有りますが、泡をけすために配合されている成分で、それが入ることで見た目も綺麗で泡が出来ていない分いたみづらいというメリットがあります。ここで使われている消泡剤に関しては食品添加物の一つで、加工助剤という位置づけになり出来上がった豆腐の中には、その成分は消えてしまっているということになりますし安全性というところでは高いので心配は無用です。しかし成分が無くなるとしても使われていることには変わりませんので、それが気になるようであれば使われていない天然の物を選ぶというのも選択肢の一つです。しかしその成分が使われていないかどうかということよりも、豆腐の場合であればもっと安全性の高い物を探すということも優先順位としては高いです。

例えば遺伝子組み換えされていない大豆を使っている豆腐であるかというのも挙げられるでしょう。何を優先していくかは安全性の高い物を選ぶ事において重要なポイントですし、選ぶ時のポイントとして押さえていく事をお勧めします。豆腐の消泡剤は安全性は高いので安心して使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です