日常生活においては、洗浄効果が高いイメージもあり、「泡」に対してプラスイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。しかし、食品や化粧品などの産業分野ではデメリットになるケースがあります。例えば、豆腐の製造の際に発生してしまう泡を放置すると、見た目が悪く美味しそうに見えなかったり、含まれた空気により日持ちが悪くなり腐りやすくなってしまいます。また、工業製品の製造過程においても、故障の原因となってしまうことがあります。

このような泡が発生すると不都合が生じる場合に「消泡剤」が用いられます。消泡剤にはリンを主原料にした添加物であり、対象物に加えかき混ぜるだけで、表面張力に作用して破裂させる効果があります。目に見える大きなものだけでなく、液体に溶け込んでいて手作業で潰すのは難しい小さなものも簡単に対応することができます。これにより、泡による耐久性や品質の低下を防ぐことができます。

また、手作業で泡を消す場合、消しきるまで作業工程を中断しなければならず、フルタイムで製品の生産を行っている工場などでは生産効率が悪くなってしまいます。消泡剤には効果が長期間持続するタイプのものもあり、これを使用することにより科学的に短時間で泡を消すことができ、製品の製造時間を短縮できる上、人件費もなどのコストの削減にもつながります。このように消泡剤には製品の高い品質を保ったり、生産性を向上させたりと様々なメリットがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です