豆腐には消泡剤と呼ばれる、豆腐を作る過程で出る泡を消すための物が入っています。これは食品添加物にあたり、この消泡剤を食べることで人間の体に害はないのかと心配になる人も多いかもしれません。とはいえこの成分は、食品添加物の一種にはなりますが、加工助剤と呼ばれるカテゴリーに含まれます。どのような事なのかと言うと、出来上がった豆腐の中に、その成分が一切残らないということです。

成分が残らないので健康被害はほとんどないと言えるでしょう。しかし一切最初から使われていないものと、使われたけれども成分が残っていないものでは、やはり気持ちとしては少し差があるのが実情です。大きなメーカーであれば仕方がないけれども、街で営業している小さな豆腐屋であれば、消泡剤を使っていない豆腐を売っているなどのことはありません。なぜなら消泡剤が使われていない豆腐を作るためには、しっかりとした設備が必要であり、常に火加減を気にしていなければなりません。

ほとんどの豆腐に使われていて、使っているからといって品質が良くないというわけではないと覚えておきましょう。豆腐作りにおいて消泡剤を使うことは仕方がないことですが、その他にも気をつけなければならない成分について知っておくことは重要です。例えば原料の大豆は遺伝子組み換えでないものが使われているのかなどは非常に重要と言えます。体に害がないものを取り入れたいということは誰もが思うことですが、避けるものの優先順位をしっかりと考えておきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です